第112期テーマ:「ポーチの基本、タイミングとコース」

 ※必ずオムニコートシューズを履いて下さい!

スケジュール

10月:23(金)の祝日は通常通りレッスンを行います。

1 2 3 4 5 6 7 1週目:フォア
8 9 10 11 12 13 14 2週目:バック
15 16 17 18 19 20 21 3週目:フォア&バック
22 23 24 25 26 27 28 4週目:サービス
29 30 31 5週目:フォアポーチ

11月:3(土)、23(金)の祝日は通常通りレッスンを行います。

1 2 3 4 5週目:フォアポーチ
5 6 7 8 9 10 11 6週目:バックポーチ
12 13 14 15 16 17 18 7週目:スマッシュ
19 20 21 22 23 24 25 8週目:リターン

※次期分の月謝を払っている方は振替の先取り可能です。

テーマ

1週目:フォア
・クロス2本、ダウンザライン1本。 ダウンザライン2本、クロス1本。 クロス2本、アングル1本。ダウンザライン2本、アングル1本。これを同じフォームでコース分け。
・3本目はスイング速く、強く高く打ってみる。
・3本目に相手のポーチが来たとイメージすることが大切。
2週目:バック
・上のフォアと同じパターン。これに試合なら3本目にロブを打ってもいい。
・常にボール70%、相手30%見ておくことがポーチを逃れることに繋がる。
・足の動きが止まったら、確実にポーチに捕まる。
3週目:フォア&バック
・ポーチが得意な人、動きが速い人を思い浮かべる。
4週目:サービス
・いつもよりトスを1.5倍高く上げてみる。
・半分スマッシュを打つつもり。バックスイングに余裕が生まれる。
・いつも小さく上げて縮こまっている人は、時にはこの方法を試してみてもいい。
5週目:フォアポーチ
・リターンを打つ前に半歩スプリットステップして、斜めに動いて行く。
・まずは前衛の足元に。これが99%打つところと決めていい。
・センターポーチ、ハイ逆クロスポーチ、ハイアングルポーチ、ドロップポーチ。これを打ち分けるぐらい余裕を持ちたい。
6週目:バックポーチ
・正面からフォアよりも横向きを意識しないと振ってしまう。
・斜めの壁をバシッと作る。
・クロスで後衛に戻すと簡単にパスを抜かれてしまう。
7週目:スマッシュ
・いつもその場で打つが、横に動いて下がって打つ。
・右利きの人が左斜め後ろに動く時、足のステップに気をつける。
8週目:リターン
・クロスリターンがダブルスの基本だが、3本に1本ぐらいはダウンザラインへ打つ練習をしないとポーチが上手い人に捕まってしまう。
・世界のダブルスはこのダウンザラインリターンを非常に多く打つ!!
footerphoto