第110期テーマ:基本「ダブルスのアングル~2人を動かしてスキを作る」

(3年ぶりのアングルです)

 ※必ずオムニコートシューズを履いて下さい!

スケジュール

5月:28(月)~6/6(水)はフレンチオープンの取材&勉強のため、お休みします。

28 29 30 31 フレンチオープン取材&勉強のため、お休み

6月: 4(月)、5(火)、6(水)ジュニア&一般の方は振替をお願いいたします。

1 2 3 フレンチオープン取材&勉強のため、お休み
4 5 6 7 8 9 10 1週目:フォア
11 12 13 14 15 16 17 2週目:バック
18 19 20 21 22 23 24 3週目:フォア&バック
25 26 27 28 29 30 4週目:サービス

7月:

1
2 3 4 5 6 7 8 5週目:フォアボレー
9 10 11 12 13 14 15 6週目:バックボレー
16 17 18 19 20 21 22 7週目:スマッシュ
23 24 25 26 27 28 29 8週目:リターン

※次期分の月謝を払っている方は振替の先取り可能です。

テーマ

1週目:フォア
・左手、左肩を最後まで入れて、どこに打つか?コースを隠す。
・ダウンザライン、ロブも打てる状態から、30センチ前で打つとアングルになる。
・足を少しクローズドにすると入りやすい。
2週目:バック
・軽く右腕を伸ばして肩を入れる。右肩に右あごを乗せるぐらい捻る。
・30センチ前で、ネットの上30センチ上を狙う。コントロールを覚えたら、速いスピンも覚えたい。膝の伸び上がりをしすぎない。
・スライスは緩く、20センチ上を狙って、フォロースルーを最後まで。
3週目:フォア&バック
・コントロールスピン、速いスイングで回転量が強いスピン、緩く遅いスライスの3つを覚える
 といい。
・アングルで2人を動かして、真ん中やダウンザラインロブなどでさらに相手を崩す。
4週目:サービス
・ワイド、センター、ボディ、そして、アングルに厳しめに的を置く。
・デュースコートはワイドアングルを薄く。
5週目:フォアボレー
・ラケットを立てて、コントロールアングルボレー 。
・少しパンチを加えて速いアングルボレー、一発で決めるアングルボレー。
・もっと浅く角度に緩いドロップボレーの練習。
6週目:バックボレー
・フォアボレーよりも打点は前。
・フォアボレーよりもラケットが寝やすいので、浮く可能性があるので注意。
・ドロップボレーもしっかり後ろから覗きこむような感じで。
7週目:スマッシュ
・深く打つスマッシュよりもアングルの方が簡単で、なおかつエースになる。
・リストを返して、フラットでコントロール。
・自分の目がラケットの真ん中にあると思って打つ。必ず、ネットより上になるので、安心して下へ叩きつける。
8週目:リターン
・外のボール、ワイドに切れるサービスに対して、大きく足を踏み込む。
・ただ返すことよりも、素早い反応とラケットの振り出しを早くしないとアングルに行かない。
・相手がサーブ&ボレーして前に来るよりも前に早く角度に打って行く。
footerphoto